ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

「安いからソニーにしよう」ではなく
「この値段でも買いたい」を目指す
――ソニー・コンピュータエンタテインメント取締役
兼ソニーマーケティング社長 河野弘氏インタビュー

石島照代 [ジャーナリスト]
【第33回】 2012年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

河野 でもお客さんはその枠の世界におられませんよね。だから、セールスマーケティングの組織は、誰かが横串を通さないといけない。なので、平井から話が来た時に、「両方やる」って言えたことは今になってすごく正解だったと思いましたね。横串を通すことでゲームとAVのコラボレーションを推進するチャンスをもらえたわけだから。

石島 確かに横串を上手く通せると、もう週刊ダイヤモンドで「商品ごとに異なるIDを持たせられる不便なソニー商品」って書かれなくて済みそうですね。

河野 …今後は褒めていただけるような記事を書いていただけるよう、がんばりたいと思います。

「儲けられるときに儲けちゃえ」ではなく、
ビジネスにおける継続性こそが大切

石島 兼任でハードビジネスにおける連携のメリットがあるのは分かりましたが、コンテンツビジネスはソフトビジネスも重要な軸ですよね。そちらの方はいかがですか?

(C)SEGA / (C) Crypton Future Media, Inc. www.crypton.net

河野 やっぱり、ハードを牽引するのはタイトルの力だなとつくづく感じます。よいコンテンツも集まってきていますしね。その手応えも感じているんですよ。たとえば、6月に発売した「ペルソナ4  ザ・ゴールデン」(インデックス、アトラス)はまだ売れ続けています。そして明日は「初音ミク -Project DIVA- f」(セガ)も発売されます。

 初音ミクといえば、こちらもゲームとAVのコラボレーションの成果が早速現れましたよ。今月、ソニーマーケティングは初音ミクのイベントと特別デザインの“ウォークマン” Sシリーズ初音ミク生誕5周年記念モデルの発売を行いました。

 銀座、名古屋、大阪の直営店とWebのe-Commerce限定で販売したのですが、お陰さまで、この限定“ウォークマン”は数時間以内で予定を上回るエントリー登録数となり、急きょ受付を終了しました。店頭スタッフもソニーファン創造のために、一緒に取り組んでくれているのが励みになります。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧