減量以外の効果が期待できる可能性も Photo:PIXTA

ケトダイエットで腸内細菌叢が変化する

 エネルギー源を糖質から脂質に切り替える食事法「ケトジェニック・ダイエット(ケトダイエット)」を始める人が増えている。このケトダイエットが、腸内細菌叢に影響を与える可能性があることが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のPeter Turnbaugh氏らが「Cell」5月20日オンライン版に発表した研究で示された。ケトダイエットが過剰な炎症の抑制、免疫系の調整につながる可能性もあるという。

 ケトダイエットは糖質の摂取を厳しく制限し、脂質とタンパク質を中心に摂取する食事法で、てんかんや糖尿病、腹部肥満への有効性が報告されている。ただし、体重管理への効果については賛否両論あり、健康への影響について不明なことも少なくない。

 Turnbaugh氏らはまず、17人の過体重または肥満の男性を2群に分け、1群は標準的な食事(炭水化物50%、タンパク質15%、脂質35%)を摂取する群、他の1群はケトダイエット食(同順に5%、15%、80%)を摂取する群とした。4週間継続した後に食事内容を相互に切り替え、さらに4週間継続した。被験者から採取した便検体を分析したところ、標準食摂取中とケトダイエット中とでは腸内細菌叢が大きく異なっており、19種類の細菌の量に著明な変化が認められた。

 Turnbaugh氏は、「ケトダイエットについてはこれまでも数々の研究が行われてきたが、腸内細菌叢への影響についての明確な情報は得られていない」と話している。