☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト””グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとしてこれまで6万人を指導した山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』がアマゾン、楽天でも完売状況が続き、ついに重版となった。紀伊國屋書店梅田本店の実用書ランキングでも第1位となり、本連載も60万PV(ページビュー)を突破した。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になって仕方がないかもしれない。6万人を変えたマユウ氏を直撃した。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock
山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

「歩くことで人生が輝きだす?
無理無理、いい歳なんだから…」

「毎日仕事と子育てに追われている。
おまけにコロナ自粛ときたら、
時間もお金も余裕なし。
増えたのは体重だけ。
人生キラキラ輝くどころじゃない!」

そんな声も聞こえてきそうです。

確かに、年齢とともにライフステージは変わり、
実生活に追われるのが40代以降かもしれません。

自分が本当にしたかったことにも蓋をして、
本気で自分と向き合う時間なんてつくれるわけがない。
しかも、健康診断では、再検査の通知!
急激に気力も体力も落ち、
未来を描くことなく、ただ今をがむしゃらに頑張る。

でも、時は流れ、ビルとビルの合間には今日も青い空。
マスクをしてうつむきながら歩いていると、
青い空があることさえ気づかない。

この本に登場する『やせる3拍子ウォーク』愛好家たちも
最初はそうでした。

でも、日常生活にビルトインしてしまったら、あらら不思議。
なによりもお金がかからず簡単で、
食生活もそのままだから、それならやってみよう!
という感覚でみんなスタートしたのです。

受講生が驚きの声を寄せたのは
やせる3拍子ウォークの基本があまりにもシンプルだから。
3歩目だけ歩幅を広げればいい

通勤通学、仕事中、買い物中、ランチタイム中に、
タン・タン・ターン♪と
3歩目だけ歩幅を広げながら歩いてみてください。

後ろ足でギュッと地面を蹴ると、
自然と歩幅が広がります。

地面をギュッと蹴ると、
健康効果が非常に高くなります。

本書は、
足の専門医・吉原正宣先生(足と歩行の診療所院長)
にも推薦をいただいています。