しかし女が生まれつき2種類なわけもなく、実際は1人の人間がいかようにも変化しながら、時に都合が良くなったり悪くなったりする。「やばい女」なんて男の想像上の産物なのだ。

 もちろんそれは男の勝手な立場から見た女の姿であって、別に男の都合の良し悪しのために変化するわけではなく、当然女は女で身勝手に自分の幸福や快適を追求しているのだが。

 さてしかし、先の弁護士の言葉がやや不思議に思えるかもしれない。

 厳密に言えば「全ての愛人」が告白するなんてことはないし、浮気しても無傷でのうのうと幸福な家庭を守りつつ、愛人の告白に苦しむことなく生き延びている男はわんさかいる。

 しかしよく聞いてみるとそこには真実が含まれる。「傷ついた愛人」は自分の不貞をさらしてでも、男の罪を告発するのだ。

 私が夜の街で働いていた頃から、遊び人の男は文字通り数え切れないほど見てきたが、そのことによって家庭が壊れたり、トラブルに巻き込まれたり、財産を失ったりした人というのはそう多くはない。

 思い出すのは、例えば恵比寿の飲み会で出会った代理店マンのAさん。

 小学生と2歳くらいの子供がいて、仕事は結構精力的に取り組んでおり、夜も毎週2回は後輩が集めた女性たちと飲み会、うまくいけばそのままラブホテルに行って、深夜のうちに帰宅。「どんなに遅くなっても朝は必ず8時半までには会社に行くのが俺のポリシー」で、「女の子は眠そうならそのままラブホ使っていいよって言ってあげるよ」と恩着せがましいことを偉そうに言っている人だった。

 Aさんは基本的にそれほど「深入りしない」タイプだったが、飲み会で出会った、グラビアの仕事を時々しているという女子大生とは、飲み会の帰り道だけでなく、その後何度か出張中のホテル、仕事の休憩中にラブホテルなどにも呼び出して、一度は彼女の家にも遊びに行った。