Photo:PIXTA

夕食の時間が遅いと寝ている間に体重が増える可能性

 夕食を遅い時間に取る人は、体重に注意した方が良いかもしれない。「Journal of Clinical Endocrinology&Metabolism」6月11日オンライン版に掲載された報告によると、夕食のタイミングが遅い場合、寝ている間に体重が増える可能性があるという。

 論文の上席著者である米ジョンズ・ホプキンス大学のJonathan Jun氏は、「1日に口にする食べ物のエネルギー量が同じだとしても、食事の時間次第で体内での代謝が異なる。夕食の時間が遅いと代謝が滞り、血糖値が上がり、体重増加の原因となる物質が増えるために、食べた量以上に肥満が助長されるのかもしれない」と述べている。

 Jun氏らは、健康なボランティア20人(男性と女性それぞれ10人ずつ)を対象に、夕食の摂取時間の違いが食後の血糖値や中性脂肪などの代謝パラメータに与える影響を、ランダム化クロスオーバー法で検討した。対象者の平均年齢は26.0±0.6歳、BMI23.2±0.7。研究に先立ち加速度計を使用してもらい、普段の生活パターンを把握したところ、就寝時間は22~1時の間だった。

 本研究での睡眠時間は23~7時とした。夕食のエネルギー量は1日の総摂取量の35%、炭水化物50%、脂質35%で統一し、脂肪燃焼を評価するための標識として、パルミチン酸15mg/kgを食事に添加した。食後は1時間ごとの採血により血糖値、インスリン、中性脂肪、遊離脂肪酸、コルチゾールなどを測定し、睡眠中には睡眠ポリグラフによって睡眠状態を評価した。