ポイント(4)
果物でビタミン、ミネラル、水分を補給

 ビタミン、ミネラル補給はもちろん、食事からの水分補給としても、できれば生の果物を食べましょう。ビタミン補給の観点からいうと食べる直前にカットするのが一番なのですが、バタバタしているとつい「今朝はもういいや」となってしまいがち。前夜のうちにカット、もしくは、朝に用意するなら2日分をまとめてカットするのも手です。

 朝からしっかり食べると具合が悪くなる、という方もいらっしゃいます。そういう場合には、上述したものの中からおにぎりや果物などを選んで、間食にするのも手です。いずれにしても、急激に体重が減らないよう食事量を維持しつつ、ご自身の体の声にも耳を傾けて、無理をしないようにしましょう。

 1日の不足分を夕食だけで一気に補うような調整法では、消化するときに負担がかかります。今回は朝食のとり方についてお話しましたが、1食に比重が偏らないよう、負担のない範囲でそれぞれの食事を調整してみてください。

 そして、睡眠時間を削ってまで頑張らないことを前提としつつ、健やかな食欲を維持できるように何かしらの運動ができると良いですよね。私も、毎日ヨガを欠かさないようにし(15分以内の時間的負担がないもの)、オンラインでなつかしのビリーズブートキャンプに再入隊してみたり、片道45分以内の仕事場には公共交通機関を使わずに自転車で行ってみたりといろいろと試しているところです。体を動かすことは、体だけではなく、心の健康維持にもつながるように思います。

(栄養士・食事カウンセラー 笠井奈津子)