アメリカ,ミュージシャン,ライブハウス,コロナ
米ABCのオーディション番組『アメリカン・アイドル』の舞台で歌うデミ・レイ・モレノ Photo by Demi Rae Moreno

カリフォルニア州の自宅待機令が3月19日に発令されてから、100日が経過した。バーやライブハウスの閉鎖、コンサートの中止で生演奏する機会を失い、失業状態にあるバンドや歌手たち。彼らがこの3カ月をどう過ごしているのかを追った。(取材・文/ジャーナリスト・長野美穂)

100日超えの自宅待機生活
インスタで生計を立てる歌手の卵

 カリフォルニア州のサンノゼに近い、人口約4万5000人の街モーガン・ヒル。そこで、現在ボーイフレンドとその家族と一緒に同居しながら100日超えの自宅待機生活を送っているのが、デミ・レイ・モレノ(26歳)だ。 

 モレノは16歳のとき、初めてギター片手に1人でサンノゼの路上に立って歌い、道行く人からのチップで一晩150ドルも稼いだことがある美声の持ち主だ。

「じゃあ、リクエストに答えてちょっとだけ歌うね!」

 自宅待機令が発令になった3月後半、SNSのインスタグラム上でライブを敢行した彼女は、部屋の壁に貼った日本アニメの『セーラームーン』のポスターの前で、マイク片手にカメラに向かって歌い始めた。

 パンチの効いたハイトーンボイスで、今年のグラミー賞授賞式でデミ・ロヴァートが披露した曲『Anyone』を歌い上げる。するとファンたちが、「ヘイ、スーパースター!」「なんて美しい声!」と次々にコメントを書き込んでいった。

「いま、聴衆を前にライブで歌うことはできないから、正直つらい。でも、インスタのビデオを見てくれた人たちが、1ドルや50セントなど少しずつ寄付してくれて、そのお金でなんと袋入りのラーメンが買えた。嬉しいし、本当にありがたい」と彼女は電話インタビューで答えた。