「うなぎ」お取り寄せで絶対にやってはいけない3つの選び方
最高においしいうなぎの選び方とは? Photo:PIXTA

本日、7月21日は土用の丑の日です。そして、土用の丑の日といえばうなぎ。せっかくうなぎを食べるのであれば、良質なうなぎを有り難くいただきたいものです。そんな中、今年のうなぎはお取寄せがオススメだとか。それは、なぜなのか。そして、良質のうなぎをお取り寄せする際に気をつけるポイントとは。
お取り寄せうなぎを多数食べ比べしており、東京海洋大学で非常勤講師も務めるおさかなコーディネータのながさき一生さんにお話を伺いました。

今年は「お取り寄せうなぎ」が
オススメな理由

 うなぎは専門店で焼き立てを食べるのが格別ですが、今年はお取り寄せもオススメです。なぜならば、お取り寄せうなぎの品質が上がっているからです。背景には、新型コロナウイルス感染拡大の影響があります。

 うなぎは、最高品質のものは専ら専門の飲食店向けに出荷され、その下のランクのものが加工に回りやすいのが通常時です。しかし、今年は、コロナによる緊急事態宣言の影響で多くの飲食店が一定期間休業を余儀なくされました。この間、飲食店向けに出荷されるはずだったうなぎの一定数が加工に回っています。

 つまり、今年はお取り寄せうなぎに、いつもより良いうなぎが使われている傾向があるのです。

 しかし、今年はお取り寄せでおいしいうなぎが食べられるチャンスといっても、商品数や種類が膨大なので、どれを選べばいいか難しいところです。そこで、今回は、おいしいお取り寄せうなぎの見極め方を解説したいと思います。

 実は私は、数多くのお取り寄せうなぎを食べ比べています。今年は蒲焼きと白焼き、40種類以上を食べ比べました。

 こうして多くのお取り寄せうなぎを食べ比べる中で分かった最高に美味しいうなぎを選ぶ際のポイントとして、「絶対にやってはいけない3つのこと」をお伝えしましょう。