新型コロナウイルス
Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まってから半年がたった今、研究者らはウイルスを巡る根本的な疑問の一つ――どれほど致死率が高いのか?――に答えを出そうと全力を挙げている。

 研究者はクルーズ船上の集団感染や、感染が集中した地域の数千人に関するデータを分析。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の致死率を算出するため、現在までに十数件の調査が行われている。

 未報告のケースも含めた感染者の総数から死者数を割り出した結果、感染者の致死率は約0.3~1.5%となることが示唆された。大半の研究では致死率が0.5~1.0%、つまり感染者1000人当たり平均5~10人が死亡する計算となっている。