長期化するコロナ禍で「新しい生活様式」が推奨され、会社の方針や感染の状況で在宅ワークと出社が入り乱れているこの時期。なかなか「生活のリズム」をつかめないまま、仕事に集中できない日々が続いてしまっている人もいるのではないでしょうか。
「あたりまえのことがあたりまえにできない僕らにとって、変化があるだけでも厳しい」と話すのは、発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。
 近著『発達障害サバイバルガイド──「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』では、借金玉さんが幾多の失敗から手に入れた「食っていくための生活術」が紹介されています。
 働かなくても生活することはできますが、生活せずに働くことはできません。仕事第一の人にとって見逃されがちですが、生活術は、仕事をするうえでのとても重要な「土台」なのです。
 この連載では、本書から特別に抜粋し「在宅ワーク」「休息法」「お金の使い方」「食事」「うつとの向き合い方」まで「ラクになった!」「自分の悩みが解像度高く言語化された!」と話題のライフハックと、その背景にある思想に迫ります(イラスト:伊藤ハムスター)。

「先延ばし」と、「マルチタスク」が融合したパニック

 やるべきことが「たくさん」あって、どこから手をつけていいかわからない。気ばかりがどんどん焦るけれど、やるべきことの全体像を見渡すことすらできず、時間ばかりがどんどん過ぎていく。しかもその間はひたすら焦燥感に焼かれ続け、何もしていないのに体力気力はどんどん削れていく。

 やる気がないわけでは決してない、むしろそのタスクが発生したときにはやる気で満ちあふれていた。でも、そういったやるべきことがいくつも重なって気づいたら「たくさんある」としか認識できなくなってしまい、どうしても手が出なかった。そして気づけば、すべてが間に合わない時間になってしまった……。

 これはADHD傾向を持つ人の困りごととして最も多く挙げられる状態でしょう。
 僕はこの症状が非常に強く、それこそ1日に3つもやらなければいけないタスクがあるとパニックになってしまいます。ガス代を払って、市役所で住民票を取って、仕事のメールを返す。これくらいの量ですら、体調次第ではタスクのオーバーフローが起こってしまう。

 人生というのは「つまらない用事をいかに効率よくこなすか」が大きな問題になってきます。楽しくもなければ未来の足しにもならないけれど、やらなければ大きな問題が発生してしまう。税金関係の手続きなんかもそうですし、これが仕事となれば「ちょっとした雑用」すらこなせない人間に大きな仕事が回ってくることはまずないでしょう。

「自分でタスクを整理するタスク」ができない人へ

 この解決方法は実のところそう難しくありません。タスクを紙でもなんでもいいから書き出して整理する。やってみると「あれ? 書き出してみるとこんなものか」となることのほうが多いくらいでしょう。しかし、これを読んでいるみなさんの多くは「タスクを書き出すというタスクを処理できるのであれば、最初からこんなことにはなっていない」という気分になっているかと思います。「たくさん」あってどうしようもないタスクに、さらに「タスクを書き出して整理する」というタスクをもうひとつ積み上げればさらなるパニックが襲ってくる。残念ながら、そういうことはよくあります。