時間帯別運賃で
満員電車を解消

 鉄道各社が「時間帯別運賃」を検討する背景には2つの理由がある。

 1つ目は先述の通り、運賃収入減少に歯止めをかけ、中長期での安定収益を確保すること。

 そして2つ目は「満員電車解消」である。不要不急の場合、人々は運賃の高い時間帯に乗車しなくなり、混雑が解消することになる。

 今までの都市圏で必要悪ともいえた満員電車は、ニューノーマルに逆行していることが浮き彫りになった。当たり前のように使っていた満員電車は「密を避ける」という大きな課題の中では、正反対の状況であり、仕方なく使っていた人からも余計に忌避される対象となった。テレワーク自体にも賛否両論あるが、満員電車に乗らない快適さに改めて気づいた人は少なくないだろう。

 そしてテレワーク賛成派が増えることは、鉄道会社にとっては大きな痛手となる。

 鉄道は装置産業であり、施設やシステムあるいは減価償却費や人件費など大きな固定費のもとに運営されている。そのため、乗客が少しでも減少すれば簡単に赤字が出てしまう。

 もともとあった人口減少の課題に加えて、ウィズコロナでの利用者減、今まで通りの状態に戻れないことは明らかだ。そのような「密を避ける」ことと「鉄道の安定した収益確保」という2つのテーマへ、上手にモーションを仕掛けられるのがこの時間帯別運賃・ダイナミックプライシングの導入であるともいえる。