ふん便性大腸菌が多い海水浴場ランキング
日本全国の海水浴場は、どのくらいふん便(=人や動物のふん便、うんこ)に汚染されているのだろうか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「ふん便性大腸菌群数」で
うんこによる水質汚染を把握

 前回は「水が汚い海水浴場ランキング2020」をお届けした。2017~19年に環境省が全国で集計したデータを基に、ダイヤモンド編集部が783カ所の海水浴場に対して、独自に水質の格付け(作成方法の詳細は、ランキングの最後に付けた注を参照)を実施。この格付けが「B」「A」と低かった333カ所を対象に、水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD、mg/リットル)が高い順にランキングした。

 今回は、「ふん便性大腸菌群数」(個/100ml)、「透明度」(m)という二つの水質判定基準を使って、水が汚い海水浴場を洗い出してみたい。

 まずは1番目の判定基準である「ふん便性大腸菌群数」について、詳しく説明する。

 大腸菌は、ヒトや動物のふん便(=うんこ)由来のもの以外に、土壌や植物などから来るものもある。より的確にふん便汚染を把握することができるのが、ふん便性大腸菌群数の調査になる。

 環境省の水質格付けで、最高位の「AA」を獲得するには、複数回測定した平均値で100ml当たり2個未満のハードルをクリアしなければならない。同様に「A」は100個以下、「B」は400個以下、「C」は1000個以下、「不適」は1000個超となっている。

 なお、同省はAAとAを「適」、BとCを「可」と位置付けている。

 ダイヤモンド編集部による、「ふん便性大腸菌」が多い海水浴場ランキングは、次ページの通りに作成した。なお、ランキングには一部、川や湖沼の水浴場も含まれている。長野県や奈良県といった海のない自治体に住む方もぜひチェックしてみてほしい。