火山は地球上で最も重要な地質学的エネルギーの1つを有する。その活動は、場合によっては航空便を欠航させ、大気の質に影響を与えるほか、地域住民が避難したり、被害を受けたりする事態を招く。  現在、火山がいつ噴火するか、あるいは噴火がどのくらい長く続くかは予測できない。だが、重要なサインがある。地震活動や温度、ガス放出、地形などに変化が生じることだ。それは火山が休眠状態から活性化した状態に移行しつつある可能性を予告している場合がある。  火山学者は、地表や上空、宇宙に置かれたセンサーから流入する膨大な量のデータをふるいにかけるため、今や人工知能(AI)への依存を強めている。