米国の民主主義は難物だと誰が言うだろうか。アラスカの北極圏野生生物保護区(ANWR)での油井の掘削が認められるまでにかかった期間は、わずか30年だった。米内務省は17日、ほとんどが不毛の土地であるこの保護区での石油鉱区リース権入札を認めた。  米議会は1980年にANWRを創設した。その際には潜在的な石油・ガス資源についての研究も委託された。そしてようやく2017年の米税制改革法(Tax Cuts and Jobs Act)の中で、共和党が支配する上下両院が連邦政府にエネルギー開発計画策定の任を与えた。環境問題を訴えるロビー団体はあらゆる掘削作業に反対した。