ウィーチャット
多くのアジア系レストランにとってウィーチャットは宅配代行アプリより重要な注文ツールになっている Photographs by Mengwen Cao for The Wall Street Journal

 トランプ米政権が計画する中国のメッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の利用制限は、地政学を超えた方面で被害を広げる可能性がある。米国人が中国にいる家族と連絡を取り合うために不可欠なつながりが絶たれるためだ。

 中国のインターネットサービス大手、テンセントホールディングスが所有するウィーチャットは世界に12億人余りのユーザーがいる。中国では消費者、企業、政府がコミュニケーションや決済、ビジネス取引などに利用し、何でもできる万能アプリとして知られる。