相談に来られた目的は「効率よくお金をためるために投資を始めたい」ということでした。投資を始めてもよい家計状況なのか、始めるとしたらどのような投資法がよいのか、といったことを聞きたいのだそうです。子どもの教育費もためたいし、そろそろ老後資金も意識しておきたいと考えています。

 Oさんご夫婦はお金をためるために、これまでも家計の見直しを頑張ってきたそうです。食費が高額にならないように気をつけたり、水道光熱費の無駄が少なくなるように家族で声を掛け合ったり。しかし、多少は効果が出ているように感じたものの、今一つ大きな成果を実感することができませんでした。そのため、夫婦は生命保険を見直すことにしました。

 街角の無料の保険相談窓口で「必要最低限の保障内容にしたい」と希望を伝え、契約内容を見直しました。結果、貯蓄性の保険を一部解約したことで保険料はかなり安くなり、貯金できる金額が増加。貯金額は約550万円となりました。いろいろ見直してうまくいった、貯金も十分にできた、そう実感し、そろそろ投資の始めどきと考えたようです。

 ここまで聞いていると、Oさん夫婦が家計を改善し、資産を増やしていく計画はとてもうまくいっているように感じるかもしれません。ですが、保険の内容を拝見したときに、大きな問題が見つかりました。保障が足りていないのです。

保険料の安さを最優先
本当に大丈夫?

 医療保障と死亡保障、ご家族に必要な保障は一応すべてあるのですが、保障される金額が足りていないのです。このまま夫に万が一のことがあると、家族はやがて生活ができなくなったり、進学が難しくなったりしてしまうかもしれないという不安な状態です。

 自営業で加入できる公的年金保険は国民年金保険のみ。ご夫婦どちらかが亡くなった場合、お子さんが年齢要件を満たしている間は遺族基礎年金を受給できますが、その額はお子さん2人の場合、年120万円ほど。教育費や生活費を考えると到底足りません。そこを補うために保険を活用したいのですが、保障額が十分ではありませんでした。