韓国,セクハラ,男性優位
Photo:PIXTA

【ソウル】韓国では先月の朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長の自殺後、セクハラや性的虐待を巡る疑惑が随所で噴出し、国内の長年にわたる、いわゆる「#MeToo」運動に改めて注目が集まっている。

 ここ2年の間に複数の男性有力者がセクハラもしくは性的虐待の告発を受けて失脚したり、禁錮刑になったりしている。それでも女性擁護団体からは、男性優位の職場環境がほとんど変わらず、女性の進出が困難で、最悪の場合にはセクハラを容認する環境になっているとの指摘が出ている。