ボルボXC60・B5・AWDインスクリプション
ボルボXC60・B5・AWDインスクリプション 価格:8SAT 734万円 48VハイブリッドのB5パワートレーンはXC60とXC90に設定 XC60はインスクリプションとモメンタム(634万円)の2グレード構成 駆動方式は全車4WD Photo by Akihiko Kokubo

ボルボは「2040年までにクライメートニュートラル(環境負荷を与えない)を実現する」という目標を掲げ、エレクトリックモーター搭載車を続々と開発中。その一貫として主力SUV、XC60とXC90に“B5”と呼ぶ48Vハイブリッド仕様を設定した。2LターボとISGM(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様である。B5は今後の主力ユニット。その魅力を体感した。

48Vハイブリッド
B5モデル新登場

 ボルボXC60とXC90に48Vハイブリッド仕様のB5モデルが追加された。ボルボは現在、「2019年以降に発売するモデルには、すべてエレクトリックモーターを搭載する」という公約どおり、着々と電動化を進めている。B5はその一例だ。

 電動化は、ブランドイメージ向上につながる環境プロモーションとともに、より切実な理由がある。EU地域で量販を行うブランドには、NEDCテストモードで1km走行当たり95g(ブランド平均)というCO2排出量基準値が定められている。2021年からはCO2超過分に対して多額の“罰金”が課せられる予定。CO2の削減(≒燃費の向上)は、販売の軸足をヨーロッパに置くモデルにとって、喫緊の課題そのものだ。