torneユーザーなら買い!のnasne
その理由とは?

 nasneの魅力はなんといっても、torneではできなかったBS・CSの録画、PS3専用地デジチューナーとの併用でW(ダブル)録画ができること。このふたつは、torneユーザーの念願だけに、本当にうれしい。

 さらにnasneを増設していけば、同時に録画できるチャンネル数は最大5つまで増やせるらしいが、といっても、拙宅でそこまで増やす予定はない。でも、もう1台買い増す予定はある。もちろん自腹。どこまでnasne好きなんでしょう、ワタシ…。

 さて、nasneのセッティングも終わったところで、PS3専用TVアプリケーションtorne(以下torneアプリ)の使い勝手の象徴である番組表をチェック。この番組表のサクサク表示の気持ちよさは使った人でないと分からないが、今までの地デジの番組表の横に、ナチュラルにBSとCSの番組欄が継ぎ足されている。今までなかったことすら忘れてしまうほどの自然な拡張に、言葉を失う。

 番組を選んで録画予約する操作感も以前と変わらず、torne歴2年の筆者としては、初めて使うのに全く違和感ナシ。適当にチャンネルを選んでBS・CS放送を視聴するも、こちらも地上波とほぼ変わらない。一度番組が流れ出すと非常になめらか。視聴環境によって差があるかもしれないが、拙宅であればネットワーク経由ゆえの遅延もない。

 また、PS3のメニュー画面からビデオ→nasneを選ぶだけで、nasneで録画した録画番組を見ることも可能。わざわざtorneを立ち上げなくてもいいので、nasneで録画した番組を見る場合は、こちらのほうが早くて便利。

デキるパパは娘のスマホに、
「CHAN-TORU(チャントル)」をダウンロード!
これで娘さんも外出先から手軽に録画予約!

CHAN-TORUで番組表を開いたところ

 さらに、nasneのいいところは、録画予約がいつでも・どこでもできる(ついでに取消もできる)ところ。So-netが提供している録画サービス「CHAN-TORU」を使えば、PCはもちろんiPadやAndroidタブレット、スマートフォンから録画予約をすることができる。これがかなり便利!

 CHAN-TORUの録画予約は簡単で、Webページにログインし、番組表から予約するだけ。家を出るときに録画を忘れてしまっても、インターネットに繋がりさえすれば、どこからでも番組予約ができる。本当に便利な世の中になりましたね。

番組名をクリックすると出る画面。「予約録画をする」をクリックすれば完了

 私は未だ独身ですが、お父さんなら娘や奥さんのスマホに「CHAN-TORU」をブックマークしておけば、「パパ-、あれ録っておいてよ」攻撃を、「自分でやんなさい」とかわすこともできそう。「CHAN-TORU」はこれからのデキるパパの必需品とすら言えるのでは?

 ログインの際は、フェイスブックやtwitter、SENアカウントなど既存のSNSアカウントなどを使用することも可能(ただし、初回登録時は設定メニューからnasneを登録する必要があるので、PCからのアクセスをおすすめ)。