マクドナルド
「マックのハンバーガーやポテトは腐らない」という都市伝説が、折に触れて盛り上がるのはなぜか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「ハンバーガーが腐らない」は本当?
マクドナルドの興味深い公式回答

 大企業の姿勢として「これは新しいなぁ」と思える事件があったので、記事にしたいと思います。アメリカのマクドナルドのウェブサイトに、同社に関わる都市伝説に対して「適切な環境下であれば、私たちのバーガーは他の多くの食べ物と同じで、腐ることがあります」という趣旨の公式回答がありました。

 背景を説明すると、この声明が出される少し前にSNSのTikTokで、ある動画がバズりました。投稿した女性が、24年前にマクドナルドで購入した紙袋の中からポテトとクォーターパウンダーを取り出すと、どちらも腐っていなかったという動画です。食べるのを忘れてしまったのでしょうか。収納棚の中に入って、保管されていた商品のようです。

 アメリカ発のファーストフードや食品については、こうした通説・伝承といいますか、まことしやかに信じられている都市伝説がたくさんあります。そして面白いことには、「再現実験をやってみたらそれが正しかった」という結果が、繰り返しメディアやネットで公開されるのです。

「マクドナルドのポテトが腐らない」ということは、これらの伝説検証の中でも初歩的な実験で色々な人が試しています。たとえば、マクドナルドで購入したポテトと自分で揚げたじゃがいもを、ガラスの密閉容器に入れて保存してみると、自分で揚げたじゃがいもは日にちがたつとカビだらけになっていくにもかかわらず、マクドナルドのポテトはいつまでたっても新鮮さを失わない、という結果が得られるといいます。

「マクドナルドのポテトには、特殊なコーティングがなされているのだ」というのが、この都市伝説における推論なのです。しかし、夢を壊すようで恐縮なのですが、この推論は科学的に言えば、やはり都市伝説でしかないようです。

 類似の実験で、マクドナルドのポテトをガラスの密閉容器と開放容器にそれぞれ入れたものを比較した人がいるのですが、空気に触れる開放容器に入れたマクドナルドのポテトは、ちゃんと日にちがたつとカビだらけになりました。