スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる(設立15年目)。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心で、エリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』がいよいよ明日発売される。
星校長は言う。「私が伝えたいのは、競争の激しいシリコンバレーで実践されてきた世界最先端科学に基づく生き抜く力です。スタンフォードの精鋭たちが結果を出すためにやっていること、本当の幸せのつかみ方、コミュニケーション力、天才児の教育法までエクササイズ付きで紹介したい。プータローから一念発起してスタンフォードにきて20年ほど、私が学術界の巨匠やビジネスリーダーから実感してきた生き抜く力(The Power to Survive)の源泉は、20年前に思い描いていた“ケンカ上等”でゴリゴリに勝ち上がっていくスタイルとは真逆のものでした。本書の内容はスタンフォード大学・オンラインハイスクールでも教えられてきました。将来的に世界のリーダーになる天才児たちが実際に受けている内容です。最新科学に基づくプレミアム・エクササイズもあります。最高の生存戦略=生き抜く力を一緒に手に入れましょう」
・スタンフォードやシリコンバレーの精鋭が「結果」を出すためにやっていることを知りたい
・仕事やプライベートの「人間関係」をよくするテクニックを学びたい
・世界最先端の科学で実証された「本当の幸せ」を手に入れたい
・できる人の「プレゼン」「話し方」「聞き方」をマスターしたい
・世界中の天才たちが集まるスタンフォードで結果を出し続ける「教育法」を知りたい
・今後生きていくうえで「不安」を解消する方法を身につけたい
そんなあなたのために、スタンフォードにいる著者を直撃した(出版記念オンライン講演会案内はこちら)。

Photo: Adobe Stock

あのオバマ前大統領が大学生に語ったこと

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

前回紹介した、バラク・オバマの「エンパシー・スピーチ」があった2014年から少し遡(さかのぼ)った2006年6月。
当時唯一のアフリカ系アメリカ人の上院議員だった、バラク・オバマがノースウェスタン大学の卒業生に送ったのが次のメッセージです。

この国アメリカでは経済的な負債のことがよく議論される。

しかし、もっと議論されるべきは「エンパシー負債」である。

……私たちの今生きている文化は、エンパシーの気持ちを削いでしまう。

……私は君たちがそうした傾きに流されないでほしい。

この「エンパシー負債」スピーチは、オバマ大統領誕生後、非常に有名になりました。

当時、私はスタンフォード大学の哲学博士課程で論理学の研究者を志す大学院生でした。

このスピーチについて知った私の思いはこんな感じでした。

「エンパシー負債」が増え続ける世の中ゆえに、私たちは相手の気持ちをわかってあげながら、思いやりを持って、世界を変えていかなくてはいけない。

そんな気持ちもわかるけれど、多くの人々の実感はちょっと違う。

他人を押しのけて、一歩前に出なければ成功できない世界だから「エンパシー負債」がかさむのもごく自然だ。

卒業式で未来を背負っていく若者たちに、相手の気持ちをわかってあげることが重要だと伝えたくなるのは理解できるが、あまりに現実とかけ離れている理想的な価値観に聞こえる。

当時の私は論理学の専門をひた走り、論理で科学者も人文学者もなぎ倒しながら、正しい理論を求めて勝ち抜いていこうと、乱暴な熱意にあふれていました。

いかに自分の信念を貫きながら、自分を押し出していこうか。合理的で論理的な主張なら、必ず受け入れられるはずだと信じていたのです。

思えば、渡米前の私も、弱肉強食の社会を生き抜いてやろうと躍起になっていました。

個人主義と能力主義の強者どもに揉まれながら、どうやったら勝ち抜けるか。生き抜けるか。そんなふうに考えていたのです。

スタンフォードの大学院時代にも、渡米前のそうした「熱血ぶり」が健在だったので、オバマの「エンパシー負債」に特に感銘を受けることはありませんでした。

おそらく、その頃の私が、冒頭のゲイツ夫妻のスピーチを聞いたとしても、間違いなく、胡散臭いと思っていたはずです。

しかし、実際に私がゲイツ夫妻のスピーチを聞いたのは、大学院を卒業して何年も経ってからのことで、胡散臭いなどとはまったく感じなかったのです。

それどころか、スピーチの内容に感銘を受けながら、強く納得して、自分の考えに権威ある人物からお墨付きを得たような気分にさえなっていました。

そうやってゲイツ夫妻のスピーチがすっと腑に落ちたのは、大学院卒業後、スタンフォード大学とシリコンバレーでのビジネス体験があってこそのことだったのです。