婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 「にじみでる育ちの良さ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回は、お店でお箸置きがないとき、どうすればいいの? について、教えていただきました。

お箸置きをつくるのはNG!

photo by Adobe Stock

和食店など、お箸置きがある場合にはとくに迷うこともありませんが、割り箸で出てくるお店などでは、直接テーブルにお箸を置くのはちょっと……かといって渡し箸をしてしまってもいいものか……と、迷ってしまいますよね。

箸袋を使って器用に凝ったお箸置きをつくる女性を見かけるのですが、箸袋の外側は決して清潔とは言えませんし、折り紙のように、鶴など丁寧に折ってしまうのも衛生的ではありません。

私はお箸置きが用意されていないお店は、「本来マナー違反である、渡し箸も許されるカジュアルな場所」と考えてもよいと思います。

ただ、渡し箸にやはり抵抗があるという方は、お箸の先を箸袋に入れて置くのがおすすめです。

その際、袋を半分に折ったり、ひと結びしたりした上で、箸先だけを少し入れるようにしてくださいね。

今回は、カジュアルな食事の際に、ふと気になってしまう例についてご紹介しました。『「育ちがいい人」だけが知っていること』では、普段の生活の中で何となくやっているけれど、「これ、いいのかな?」と迷うシーンでの正解のふるまいや、「育ち」が出てしまうポイントなど、リアルな例を250個も紹介しています。誰にも指摘されたことがないのに、実は「あの人は、育ちが……」なんて周囲の人から思われているとしたら本当に恥ずかしいですし、今さら聞けないことばかりですから、ぜひ参考にしてみてくださいね!