雑踏
Photo:PIXTA

菅新政権の経済政策
最優先はコロナ対策

 16日、発足した菅新政権は、「アベノミクス継承」を強調しており、さらにそれを前進させると明言している。

 当面は、すでにコロナ対策として強化されている金融・財政政策の継続に加えて、安全性の高いワクチンや治療薬の普及などで、新型コロナウィルスに対する国民の不安心理を軽減することで需要喚起を図ることが最重要課題だ。

 新型コロナウィルス発生前も米中摩擦や消費増税の影響などにより日本経済は景気後退局面にあり、経済は正常化していなかった。

 こうしたことからすれば、コロナ後も需要喚起策は最重要課題になる。

 アベノミクスの進化版となるであろう「スガノミクス」は、アベノミクスで道半ばとなった成長戦略の中でもほとんど進まなかった労働市場改革を前進させなければならない。