米国株
Photo:Spencer Platt/gettyimages

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 9月は株式市場にとって厳しい月という定評にふさわしい展開が続いている。

 まず、オプション契約を通じたハイテク株投資が巻き戻された。続いて現在は、新型コロナウイルスの感染再燃を巡る懸念や、11月の大統領選を前に追加の財政刺激策について米議会の意見対立が続いていることを受け、株式市場全体に動揺が広がっている。

 主要指数は22日にやや持ち直したものの、経済成長や小売売上高に直接影響を受ける銘柄が重しとなり、S&P500種指数はここ1週間で約3%下落。業種別で「一般消費財」は4%安となっている。

 市場は過度に楽観的だった期間を単に埋め合わせている面もあるかもしれない。

 全体的に見れば、株式市場は今年に入り、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や大幅な株高と景気悪化のかい離にもかかわらず、利益予想とほぼ一致する動きとなってきた。ファクトセットのデータによると、時価総額の変動は1月31日以降、アナリストの利益予想の変化と密接な相関関係にある。こうしたアナリスト予想は主に企業幹部が示す業績予想に基づく。