これは数式を使えば解き明かすことができますが、ここではわかりやすく「条件の列挙」で考えてみましょう。新幹線の座席の配列によって、「何人ずつ座れるか」を検証してみます。

 こうして見ると、2列・3列では、「さまざまな人数の組み合わせでも近くに座席を確保できる」ことがわかります。

 この2列・3列の座席の組み合わせによって「旅の道連れ」を最適化できる座席選択が可能になり、「新幹線の旅」が、良い思い出を作りやすい環境を作っていたのです。