Photo:Healday

甘さの感知に子どもは大人の1.4倍砂糖が必要

 子どもたちが甘い菓子やジュースを口にした時、「甘すぎる」と言うことはめったにない。その理由の一つは子どもが大人よりも甘い物が好きだからと考えられるが、それだけではなく、別の理由もあることが新たな研究で明らかになった。子どもは大人に比べて甘味を感知する力が低いのだという。米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のM. Yanina Pepino氏らの研究によるもので、詳細は「Nutrients」に6月29日掲載された。

 Pepino氏らは、10歳未満の小児、10歳代の若年者、および成人を対象に、異なる濃度のスクロース(砂糖)水溶液を用いて、甘味に対する感受性、および甘味の強さの好みを検討した。各群の対象者数は、小児が108人(平均年齢8.6±0.8歳)、若年者172人(13.2±2.3歳)、成人205人(35.9±9.4歳)。

 まず、甘味に対する感受性の検討では、角砂糖1つ(4g)を8オンスのコップの水(約230mL)で薄めていき、被験者が甘味を感じ取れる限界のコップの数を確認した。この試験では、甘味を感知できたコップの数が多いほど、より感受性が高いことを意味する。