酔鯨本社蔵の売店に立つ大倉広邦さん
本社蔵の売店に立つ大倉広邦さん Photo by ​Yohko Yamamoto

創業した祖父の思いを引き継ぐ、
ハイエンドな酒造り

 ハイエンドの土佐酒を目指し、新天地で酒蔵をゼロから建てた酔鯨酒造の社長、大倉広邦さん。大手ビール会社を退職し、母方の祖父、窪添竜温さんが創業した酒蔵を35歳で引き継いだ。

 純米吟醸酒に力を入れた竜温さんは、終戦まで陸軍戦闘機のパイロットだった。敵機を落とすたびに師団長が飲ませてくれた酒の品質は最悪で、「戦争が終わったら、うまい酒を造る」と決めて復員。妻の実家の食品会社に入り、酒蔵を買収して創業した。

「酔鯨」の名は幕末の土佐藩主、山内容堂が自ら称した「鯨海酔侯」に由来する。

 祖父の没後、親戚が経営を担うが業績が悪化。「酒蔵を継ぐのは竜温さんの血筋で」と提案があり、ビール会社勤務で地酒専門店で4年間の勤務経験もある孫の広邦さんに白羽の矢が立った。悩みつつも大好きな祖父の遺志を継ぐと決意を固め、家族の反対を押し切って2013年に入社した。