スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップが日本人だということをご存じだろうか。オンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち2万部重版と話題になっている。
ベストセラー作家で“日本一のマーケッター”と評された神田昌典氏も「現代版『武士道』というべき本。新しい時代に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と書評した。
星校長は東大→スタンフォードとエリート街道まっしぐらと思いきや、プー太郎生活の日々もあったという。スタンフォード大学・オンラインハイスクールが設立されたのは今から15年も前。設立当初から関わり、校長として世界中の様々な学術・教育のエキスパート100人を束ねながら、10代の子どもたちの教壇にも立っている。コロナ禍でオンライン教育が注目され、星校長はオンライン教育の世界的リーダーとして全世界から注目されている。これは信じられないことだ。
・スタンフォードやシリコンバレーの精鋭が「結果」を出すためにやっていることを知りたい
・仕事やプライベートの「人間関係」をよくするテクニックを学びたい
・世界最先端の科学で実証された「本当の幸せ」を手に入れたい
・できる人の「プレゼン」「話し方」「聞き方」をマスターしたい
・世界中の天才たちが集まるスタンフォードで結果を出し続ける「教育法」を知りたい
・今後生きていくうえで「不安」を解消する方法を身につけたい
そんなあなたへ、スタンフォードの著者を直撃した。

Photo: Adobe Stock

「与える力」の磨き方

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

今回はハーバード・ビジネス・スクールのフランチェスカ・ジーノ教授の「コラボの基本6法則」の法則3を紹介します。

◎ジーノ教授の「コラボの基本6法則」

法則1:コラボ相手の話をじっくり聞き取る
法則2:コラボ相手の心に共感する
法則3:具体的で明確なコミュニケーションをする
法則4:「引っ張る」と「折れる」のバランスを取る
法則5:コラボ相手とウィン・ウィンの関係を築く
法則6:フィードバックに気をつける

具体的かつ明確なコミュニケーションを心がけましょう。

慣れた相手だからと、指示や意思疎通を雑にすると、予期せぬ問題に発展します。

具体的な説明をせずに、相手の想像力に任せきってはいけません。雑ないい方や抽象的表現を避け、具体的かつ明確なコミュニケーションを心がけます。

どう伝えたら、相手のためになるか。「生き抜く力」の第3要素「与える力」を発揮することが大切です。

あるとき、スタンフォード大学・オンラインハイスクールの卒業イベント企画会議で、企画部長ら「寄付金感謝祭のクオリティを上げる」という目標がイベント担当者に出されたことがありました。

私もその前年の寄付金感謝祭がもの足りなかったと感じていたので企画部長に同意し、イベント担当に対応を一任しました。

イベント担当はそれに従い、飲み物や食事をアップグレード。感謝祭のクオリティ向上に貢献します。

しかし、イベント後の反省会で、寄付金感謝祭の予算額が予定より大幅にオーバーしたことが問題になりました。

その反省会で「寄付金感謝祭のクオリティを上げる」といった企画部長の真意は、「イベント中のプレゼンなどプログラム内容の質自体を向上させるとともに、教師の参加を徹底したい」ということでした。それならば、追加の予算はかかりません。

企画部長は、はじめから「クオリティを上げる」という意味を具体的に説明しておくべきでした。そうすればムダな経費がかからずにすんだのです。

私自身、具体的かつ明確なコミュニケーションの大切さを痛感するよい教訓となりました。