老後資金の準備
夫婦で厚生年金への加入は必須

 老後資金の準備は、2人の子どもの教育費と併用して行えればベストですが、難しいようであれば教育費の準備を最優先で行ってください。ある程度教育費の準備ができたら、少しずつ老後資金の準備をはじめ、教育費の目途が完全にたったら、その後は老後資金の準備に向けてアクセルを全開にしましょう。ご夫婦がフルタイムで定年退職まで働き、定年後も再雇用で働くだけでもかなりの額が準備ができるはずです。

 再婚相手の女性がフルタイムで働いていないならば、パートでも厚生年金に加入できる働き方をしてください。今伝えられるのは、ご夫婦が共に長い間厚生年金に加入することくらいしかありません。今後のライフプランやライフイベントの具体的な記載がないためです。ただし、ここで記載したような家計管理ができるならば再婚しても大丈夫だと思います。再婚相手の女性と力を合わせて頑張ってください。

 また、ある程度落ち着かれた後、ご不安な点があれば、具体的な金額などを記載いただいて、再度のご相談をお待ちしています。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)