累計38万部超のベストセラー餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

先生、収益って利益のことですか?

カノン ものすごく初歩的な質問ですけどいいですか?

林教授 もちろんだ。

カノン 笑わないでくださいね。

林教授 ボクはいつも真剣だよ。笑ったりしない。

カノン じゃあ質問します。さっき先生は、収益は売上高と営業外収益だと言われましたけど、収益って利益のことではないのですか?

林教授 プッ……おっと、つい吹き出しそうになってしまったではないか。

カノン もう!

林教授 これは失敬。乱暴な言い方をすれば収益は売上のことで、利益は売上と費用の差額だね。

カノン そういうことなんですね。もう1つ質問していいでしょうか。先生は、利益は現金ではないとおっしゃいました。その意味が分からなくて。

林教授 君が言う利益は、損益計算書で表されている税引き後当期純利益のことだね。

カノン はい。そうです。

林教授 つまり、君は税引き後当期純利益が100万円だったとして、その期間に現金が100万円増加するのではない、という理由がわからないんだね。

カノン そうなんですけど。