99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が、第5刷のロングセラーとなっている。本連載も155万PVを突破した。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?
2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者に、約1年ぶりにこっそり語ってもらおう。

Photo: Adobe Stock

1年ぶりの連載
パワーアップした
ナインコード占い

『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』をいつもご愛顧いただきありがとうございます。

約1年2ヵ月ぶりの連載復帰となりました。

ナインコードは「人間関係統計学」です。

これまでの連載では、過去から現在まで約1万人のサンプリングを取り、それをナインコードで分析し、人々の気質や特徴をお伝えしてきました。

132回にわたる連載の結果、ナインコードのおかげで「人を見る目が養われた」「夫婦仲がよくなった」「ケンカ別れしていた恋人とよりを戻せた」「営業成績が30%アップした」「商談が楽しくなった」「無駄に怒らなくなってストレスが減った」など、たくさんの喜びの声をいただきました。

これは、ナインコードが読者の皆さんに役立っている証拠だと思いますので、嬉しい限りです。

また、おかげさまで本書も第5刷が決まりました。完売の書店さんもあるようで、本当に感謝しております。

ナインコードは人間関係統計学ですが、ベースになるのは人間の感情であり、気持ちの変化です。

人の気持ちや感情は、時や社会が変われば、移り変わります。

このため、1年以上前と現在とでは状況が違います。

特に新型コロナにより人々の感情だけではなく、社会システムの変化もありましたので、今後は少しずつ社会の変化の中での感情的な問題にも光を当ててお伝えしていきます。

今年も残りあと2ヵ月。

今回は【2020年の最高のすごし方】をお伝えしましょう。

「あと、2ヵ月だからもういいよ」という声もありそうですが、ここで知っておくのと、知らないのとで、来年の運気に大きく違ってきます。

先に言っておきますが、今年は大きな社会変化がありました。

ただ、なんともすごいことに、ナインコード的視点に基づけば、2021年はもっと大きな変化が起きる年とされています。

まさに、波乱の年です。

本当の歴史的な一年は2021年になるのです。

その変化に備えるためにも、残り2ヵ月のすごし方が大切です。

とても大切なことをお伝えしますので、最後まで読んでくださいね。