今、社長の人も、これから社長を目指す人も、さらにレベルアップ、スキルアップするためには、何をどうすればいいのでしょうか? 人気コンサルタント小宮一慶氏の最新刊『社長の成功習慣』(ダイヤモンド社、9月5日発売)は、経営者になる人にぜひ身につけてほしい50の行動習慣について解説した社長のための教科書です。本連載では、同書から抜粋して、経営者としていっそう成長するためのポイントについてお伝えしていきます。

「正しい努力」を「積み重ねる」ことで、
習慣化する

 本連載では「新聞を読む」「メモをとる」など具体的に実践すべきことをアドバイスしていきますが、さて、読者のみなさんの中で本当にこれらのことを普段から実践する人はどれくらいいるでしょうか。

 本を読んだり講演を聴いたりすると、分かったような気になり、それだけで何かが身についたような気分になります。特に、頭の良い人ほど「分かったこと」は「できること」だと思ってしまいがちです。

 しかし、本当に経営という仕事についての能力を高めたいと思うのであれば、「分かったつもり」で終わらせず、ここで私がアドバイスすることを具体的に行動に移さなければ何も変わりません。まずはその点に十分留意してください。

 実践を伴わない限り、いくら本を読んでも、何も変化は起きないのです。

 本書のはじめにでもご説明しましたが、大事なのは「正しい努力」を「積み重ねる」ことだからです。ここでいう「積み重ね」とは、行動すること、実際にやってみることで習慣化することです。