自転車で対向車の前にいきなり飛び出すなど危険な運転をしたとして、埼玉県警は26日、道路交通法違反(あおり運転)の疑いで、同県桶川市寿1丁目、パート従業員成島明彦容疑者(33)=別の暴行容疑で逮捕済み=を再逮捕した。全国紙社会部デスクによると、あおり運転を「妨害運転罪」と規定し、厳罰化した6月の改正道路交通法施行後、自転車の運転に適用したのは初めて。成島容疑者は同様の危険運転を繰り返していたとされ、地元住民から「ひょっこり男」と呼ばれていた。県警が余罪を調べているが、昨年も同様の行為をしていたとして有罪判決を受け執行猶予中で、実刑判決は不可避と見られる。いったい、何がしたかったのか。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

迷惑な存在に「姿を見た」と通報も

埼玉県警本部
埼玉県警は26日、道路交通法違反(あおり運転)の疑いで、地元で「ひょっこり男」などと呼ばれていた男性(別の暴行容疑で逮捕済み)を再逮捕した。 写真は埼玉県警本部 Photo:PIXTA

 逮捕容疑は今月5日午後2時すぎ、桶川市の市道を自転車で蛇行運転し、女性(44)が運転する乗用車と擦れ違いざまにセンターラインぎりぎりに飛び出すなど、妨害運転をした疑い。

 同様の行為は桶川市や上尾市でたびたび目撃されており、地元住民には「ひょっこり男」などと呼ばれて迷惑がられ、その様子を捉えたドライブレコーダーの映像がテレビで繰り返し放映されていた。

 昨年もセンターライン近くに飛び出して対向車に急ブレーキを掛けさせるなどの危険行為をしたとして、道交法違反容疑(安全運転義務違反)などの疑いで逮捕・起訴され、今年2月に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けていた。