大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

ネットの情報を鵜呑みにすると……

ブログやTwitter、マネー系の雑誌などでは、株式投資の推奨銘柄が数多く紹介されています。

しかし、そうした推奨銘柄を買えば、儲けられるというわけではありません。

推奨銘柄(企業)の業績が好調で成長性が高いとしても、その銘柄を買うタイミングや売却するタイミングが適切でないと、売買差益(譲渡益)を得ることはできません。

どの銘柄を、いつ買って、いつ利益確定するか?
当初の目論見が外れた場合、いつ損切りするか?

そうした個別具体的なタイミングを、付きっきりで手取り足取り教えてくれる人などいません。

結局は自分で考えて判断するチカラを、株式投資を実践しながら身につけていくことが必要なのです。

だからといって、ブログやTwitter、マネー系の雑誌で紹介されている推奨銘柄を参考にすること自体がダメなわけではありません。

私自身も銘柄探しの情報源として参考にしています。

ただし、ブログやTwitterの情報には、情報発信者に有利な方向へ相場を誘導する「ポジション・トーク」をするケースがたくさん見受けられます。

そのため、もし他人の推奨銘柄を参考にするとしても、その銘柄のIR(投資家向け広報)や『会社四季報』の各種情報を調べたうえで、「自身の投資尺度に合う銘柄」「買っても良いと思える銘柄」だけ購入しなくてはいけません。

自分で調べもせず買って、結果的に損をしてしまうと後悔してしまいます。

たまたま儲かったとしても、自分で調べもせずに買っている限り、再現性がありませんから、次の投資につながりません。

他人の情報を鵜呑みにして売買していては、いつまで経っても投資家としてのスキルアップができないままなのです。

他人の推奨銘柄は、手っ取り早く銘柄探しをするきっかけとしては役立つと思いますが、そのきっかけを役立てるには、やはり自分の頭で考え、判断することが欠かせないのです。

私自身がどう考え、どう判断しているか?
それは、拙著『10万円から始める! 割安成長株で2億円』で述べている通りです(笑)。