日銀,日本銀行
Photo:PIXTA

 コロナ対策緊急融資などの急増で、マネーストック(市中の銀行預金や現金通貨)残高が急増した。しかし、物価は下落している。

 日本の消費者物価は、マネーの状況で決まるのでなく、輸入物価の動向で決まる。つまり、原油価格と為替レートで決まる。

 これから考えると、新型コロナウイルス問題が収束し景気が回復した後にインフレが起きるとは考えにくい。

 しかし、国債の大量発行は、日本銀行の財務状況に深刻な悪影響を与える。

新型コロナ対策で
異常な規模の財政出動

 新型コロナウイルス対策のために、膨大な財政支出が行なわれている。

 これらの財源は国債で賄われる。2000年度の国債発行額は約58兆円となり、財投債と合わせた今年度末残高は、1033兆円になる見通しだ。