日本銀行
Photo:PIXTA

マネーストックが
バブル期以来の高い伸び

 3月の金融政策決定会合以降、企業の資金繰り支援など、矢継ぎ早に新型コロナ対応のための金融政策がとられてきた。

 いったんは増加ペースが落ちていたマネタリーベース(日本銀行が世の中に直接的に供給するお金)だが、足元では増加ペースが急速に高まっている。

「黒田バズーカ」が再び放たれて異次元の金融緩和が復活したかのようだ。

 だが実際のところは復活したというよりも、強力な別次元の金融緩和策が新たに登場したというべきだろう。

 異次元緩和の際には伸びがほとんど変わらなかったマネーストック(金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量)の拡大を伴っているからだ。

 マネーストック(M2)の伸びはバブル期以来の高さ(当時はM2+CD)となっており、緩和効果は強力といえる。だがコロナ対応の「黒田バズーカ」の威力を喜んでばかりはいられない面もある。