『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』が10万部を突破! 本書には東京大学教授の柳川範之氏「著者の知識が圧倒的」独立研究者の山口周氏「この本、とても面白いです」と推薦文を寄せ、ビジネスマンから大学生まで多くの人がSNSで勉強法を公開するなど、話題になっています。
この連載では、著者の読書猿さんが「勉強が続かない」「やる気が出ない」「目標の立て方がわからない」「受験に受かりたい」「英語を学び直したい」……などなど、「具体的な悩み」に回答。今日から役立ち、一生使える方法を紹介していきます。(イラスト:塩川いづみ)
※質問は、著者の「マシュマロ」宛てにいただいたものを元に、加筆・修正しています。読書猿さんのマシュマロはこちら

Photo: Adobe Stock

[質問]
 「うまく悩む」方法はあるでしょうか

 「悩まぬ豚より悩めるソクラテスであれ」という言葉を知りました。

 その通りだなと思う一方で、悩んで悩んで辛いし、自分にもほとほと嫌気がさしたり、呆れたり、がっかりしたり、出来れば悩みたくないと思ってしまいます。

 勿論、ものの差はあれども皆各々悩みがあると思いますが、悩んで考えて、時に泣いてとしているとすごく体力も精神力も消耗します。

 妙な言い方になりますが、「うまく悩む」方法はあるでしょうか。「いい悩み方」とでも言いましょうか。今の自分の悩み方でいると、良い考えが浮かびづらいのです。

第一歩は「書き出す」こと

[読書猿の回答]
 悩みは、思考についての思考、欲求についての欲求といった、メタな表象を持つことができるヒトの能力の上に成り立ちます。

 例えば禁煙に悩む人は「タバコが吸いたい」という一次の欲求と、「タバコに欲求を感じないようになりたい」という二次の欲求(欲求についての欲求)とがコンフリクトする状態にあります。

 メタ表象は人間の認知資源をただでさえ必要としますが、次元を異にする欲求のコンフリクトは中々解消し難いので、高い認知負荷がかかり続けます。

 なのでよき悩み方としてはまず、書き出すなど外部記憶装置を使って認知負荷を軽減することが考えてられます。その際、コンフリクトする欲求を一次と二次(場合によっては更に高次)のものに分けて構造化し整理できると、なお良いでしょう。

 そしてそれぞれの欲求について、自分は何故その欲求を持つに至ったか、そして現在も持つに値するかを考えます。

 ここまで書いてて「お悩み構造化シート」を創案するに至ったのですが、こちらはまたの機会に。