都市風景,Go To,交通
Photo:PIXTA

 東京などの首都圏や大阪、北海道など、全国の新型コロナウイルスの感染拡大が過去最多を更新するなかで、政府はGo Toトラベルの新規予約停止など、「Go To」事業の見直しに追い込まれた。

 感染拡大防止と経済社会活動の両立を言いながら、実際は総選挙を意識して経済回復を最優先する菅新政権の戦略は早くも頓挫した形だが、予想されたことだ。

検査や隔離などの対策なおざり
検査数は世界で下位のまま

 新型コロナの感染「第3波」は、起こるべくして起きている。徹底してPCR検査を行い、隔離し、追跡し、治療するという基本的な対策をずっとなおざりにしてきたからだ。

 検査の徹底を言いながら「37.5度の発熱4日間」といった条件をつけ、外国のように自動化やプール方式でも遅れ、ドライブスルーなどでもできる体制には程遠い。