「誠実さ」は、人材の評価項目としてあまり語られることがありません。そして、経験を積んだ分だけ身に付くスキルとは違い、その人自身の生き方や価値観そのものであり、変えようと思って変えられるものでもありません。しかし、ベンチャー企業のようなチャレンジングな場で結果を出すためには絶対に必要な要素ですので、ブロンコスに応募するかしないかはともかく、仕事で変革に取り組みたいと考える人は、自分が仕事に誠実であり続けられるかどうかを、一度真摯に自分に問い直してみてほしいと思います。そこでYES!と自信を持って答えられた方は、新生ブロンコスがまさに求めている人材です。

 会社のフィロソフィーや理念を美辞麗句とともに語るよりも、私が人材に求める要件を誠実に示したのが先の10箇条です。「時代に逆行している」と感じられる人もいるかもしれません。ただ、こちらも捨て身の覚悟でやっていますので、全てが本気の言葉です。

 ブロンコス再建に取り組む毎日はハラハラとドキドキの連続です。それを楽しいと感じ、さらには自身の成長の糧と思える仲間が欲しいのです。私もまだまだ成長したいと考えています。みんなで一緒に成長し、みんなで組織を成長させることに取り組んでみませんか。

 仕事に誠実で、成長したい方、ぜひともご応募をお待ちしています。

池田 純
早大卒業後、住友商事、博報堂勤務などを経て2007年に株式会社ディー・エヌ・エーに参画。2011年横浜DeNAベイスターズの初代社長に就任。2016年まで5年間社長をつとめ、コミュニティボール化構想、横浜スタジアムのTOBの成立をはじめさまざまな改革を主導し、球団は5年間で単体での売り上げが52億円から110億円へ倍増し黒字化を実現した。退任後はスポーツ庁参与、明治大学学長特任補佐、日本ラグビーフットボール協会特任理事などを務め、2019年3月にさいたま市と連携してスポーツ政策を推進する一般社団法人さいたまスポーツコミッションの会長に就任した。また、現在有限会社プラスJ(https://plus-j.jp/)。では、世界各国130以上のスタジアム・アリーナを視察してきた経験をもとに「スタジアム・アリーナミシュラン」として、独自の視点で評価・解説を行っている 著書に『常識の超え方』『最強のスポーツビジネス』(編著)など。