新型コロナウイルスの感染拡大抑制に手間取り、支持率が低下しているボリス・ジョンソン英首相。看板政策であるブレグジットでEUから有利な条件を引き出したいところだ
新型コロナウイルスの感染拡大抑制に手間取り、支持率が低下しているボリス・ジョンソン英首相。看板政策であるブレグジットでEUから有利な条件を引き出したいところだ Photo:WPA Pool/プール/gettyimages

英国とEU(欧州連合)のFTA(自由貿易協定)交渉はいまだ合意に至らないが、最後はまとまるだろうとの予想が大勢だ。ただし、FTAが発効しても企業にとって事務コストの増大、戦略変更は不可避だろう。(ダイヤモンド編集部 竹田孝洋)

 英国とEU(欧州連合)のFTA(自由貿易協定)交渉は、チキンレースが続いている。

 英国のEU離脱の移行期間が切れる2020年末までの発効を目指して協議が続けられてきた。当初は、年内発効には10月中旬までの合意が必要とされてきたが、現時点(12月2日)でまだ合意に至っていない。

 英国がEUを離脱したのは20年の1月末である。ただ、20年末までは移行期間として、英国がEU内にいるのと同等の状況が維持される。20年6月までであれば、英国は移行期間の延長を申請できたが、ジョンソン英政権は申請をしなかった。

 FTAが合意に達しなければ、21年1月1日以降、英国とEU加盟国との貿易には関税が復活する。そうなれば互いに大きなデメリットが生じる。特に、英国の貿易量の約半分は対EUであるし、EU加盟国の多くが対英国で黒字を計上している。

 互いに有利な条件を引き出そうと移行期間の期限切れを控え、我慢比べが続いている。現時点で、合意が得られていない主なポイントは三つある。