私はこれまで、「識学(しきがく)」という意識構造学を通して、多くの組織の問題を解決してきました。「識学」とは、組織内の誤解や錯覚がどのように発生し、どうすれば解決できるか、その方法を明らかにした学問です。
2020年10月時点で、約1900社の会社が識学を導入しています。また、2019年度に新規で上場した会社のうち7社が識学を導入しており、「いま、最も会社を成長させる組織論だ」と、口コミを中心に広がっています。
​本書『リーダーの仮面』は、そんな識学のメソッドを元に、「若手リーダー」に向けてマネジメントのノウハウを伝えます。本書の内容は、人の上に立つ立場の人であれば、誰しもが気づきを得られるものになっています。

「リーダー失格」の行動とは何か

職場の人間関係で悩む人は多くいます。
しかし、識学の考え方の中に「人間関係」という概念はありません。

上司は上司の役割をし、部下は部下の役割をする。ルールに則って規則正しく動く。ただ、それだけです。そこに余計な感情は発生しません。だから、精神的に疲れることはないのです。

感情で動いている組織では、リーダーが部下に好かれようとします。逆に部下もリーダーに好かれようとします。
すると、「人間関係」の問題が出てくるので、疲れてしまうのです。

「上司が好きだから言うことを聞く」

そんな状況は、一見、聞こえがいいように思えます。
しかし、ひっくり返すと、

上司が好きじゃなくなったから言うことは聞かない

ということを許すことになってしまいます。

好き嫌いが、上司の指示を聞くか聞かないかのバロメーターになってしまう。そんな状況は絶対につくってはいけません。
正しくルールを言語化して運営されている組織では、業務上で感情的になることはありません。その結果、人間関係の悩みもなくなります。

では、「ガチガチにルールだらけの会社はどうなのでしょうか?」
そう聞かれることも多いです。私はそれでも、ルールがないよりはずっとマシだと言っています。
大事なのは、ルールがないことによるストレスから部下たちを自由にすることなのです。

Photo: Adobe Stock

チームにとっての「要注意人物」

チームや組織にとって注意すべきことがあります。
それが、「コミュニティの外側に出てしまっている人」の存在です。

「うちの会社って、スピード感がないところがダメだよね」
「自分がいなきゃ、うちの会社は回らないよなぁ」

このように、評論家のような立場になったり、個人の力を過信しているような人たちが、あなたの会社にいないでしょうか?

彼らの言動や行動を正していくのも、リーダーの重要な役割です。
どうすれば、彼らはコミュニティへの帰属意識を持つのでしょうか。そこで必要になってくることこそが、「ルールを守らせること」です。
「姿勢のルール」を設定し、守らせるのです。

それでも、「私はそのルールは守りません」と反発する人は、その組織、あるいは会社には合わない人なのだと、識学では考えます。

とはいえ、もちろんリーダーには、辞めさせる権限はありません。人事権は経営者に任せ、リーダーは、とにかく感情で動かそうとせず、ルールを守らせることだけに集中します

ルールを守らない人がいた場合でも、その人だけを特別扱いしてはいけません。
「好かれたい」「いい人に思われたい」という感情はグッと抑え、リーダーの仮面をかぶるのです

これは、ある飲食店のエリアマネジャーの話です。
中途入社でマネジャーとして入ったのですが、売上の数字がなかなか上がらなかったそうです。

彼は中途入社であることに負い目を感じ、「現場とのコミュニケーション不足で会社にとけ込めないのが原因だ」と勘違いをしていました。
つまり、「売上の問題」を「コミュニケーション不足」という他の問題にすり替えていたのです。

こういった場面でも、やることは同じです。
ルールを設定し、ルールどおりに動いているかどうかだけに集中してマネジメントするのです。
そうすることで、目の前の人間関係の問題を考えなくなり、メンバーたちが迷わずに業務を遂行するようになります。
その結果、彼はエリアマネジャーの中でトップの成績を出すようになったそうです。

このように、コミュニティへの帰属意識を素早く築き、早く結果を出すために、ルールの設定にフォーカスすることは有効なのです。