私はこれまで、「識学(しきがく)」という意識構造学を通して、多くの組織の問題を解決してきました。「識学」とは、組織内の誤解や錯覚がどのように発生し、どうすれば解決できるか、その方法を明らかにした学問です。
2020年10月時点で、約1900社の会社が識学を導入しています。また、2019年度に新規で上場した会社のうち7社が識学を導入しており、「いま、最も会社を成長させる組織論だ」と、口コミを中心に広がっています。
​本書『リーダーの仮面』は、そんな識学のメソッドを元に、「若手リーダー」に向けてマネジメントのノウハウを伝えます。本書の内容は、人の上に立つ立場の人であれば、誰しもが気づきを得られるものになっています。

孤独な感情は
「おうち」で埋めよう

「厳しく指導をしたら、嫌われて人が離れていくんじゃないか?」

 そう考えてしまうリーダーがいます。しかし、考えてみてください。

 会社は孤独を埋める場所ではありません

 人間関係の寂しさを職場で埋めようとしていないでしょうか。

 孤独がイヤなのであれば、友達をつくるなり、趣味に没頭するなりしてください。

 孤独を埋めるものは、会社の外にたくさんあるはずです

 そのようなマインドに変えていくのも、リーダーになるタイミングで重要なことのひとつです。

 私はこれまでさまざまな組織を見てきましたが、職場で孤独を埋めようとするリーダーは本当にたくさんいて驚きます。

 彼らは、「職場の人間関係を円滑にしないといけない」と思い込み、次のような行動をとります。

「社員の誕生日を覚え、誕生日カードを書いて渡す」

「昼休みにみんなで遊べるように卓球台やダーツを用意する」

 これがまさにリーダーとしてやりがちな失敗例です。

職場の雰囲気がよくなると、成果が出るんじゃないか?」と、感情をマネジメントしようとしているからです

 実際は逆です。雰囲気がよくなるから成果が出るのではなく、成果が出るから結果的に雰囲気がよくなるのです。

 この錯覚は、いたるところで見受けられます。それでは、なぜこのようなリーダーが生まれてしまうのでしょうか。

Photo: Adobe Stock

「モチベーション」
という病

 諸悪の根源は、「モチベーション」という言葉です

 部下たちの様子を見て、やる気を出させてあげたり、頑張る理由を与えたり、つねに「モチベーション」のことを考えてしまうと、リーダーは失敗します。

 結果を出せない部下が、「モチベーションが上がらないんですよね」と言い訳ができる状況をつくってしまったら、そのチームは終わりです

 リーダーは、絶対にその状況をつくらないようにマネジメントしないといけません。

 ですから、本書では、「モチベーション」という言葉を使いません。

 リーダーシップの本には必ず出てくる概念ですが、本書では、それをハッキリと否定します。

 リーダーの役割は、部下たちのモチベーションを上げることではなく、成長させることです。

 人間の意識構造を知れば、どのような誤解が生まれるか、どうすれば誤解を回避でき、部下たちが行動し、成長していくかを知ることができます。それを本書で実感してください。