ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
廉宗淳 韓国はなぜ電子政府世界一なのか

いまだに自前主義を貫く日本のICTベンダーは、
重複する事業を切り出し、統合し、グローバル社会の中で勝ち残るための戦略を今すぐ立て直さなければいけない

廉 宗淳 [イーコーポレーションドットジェーピー株式会社代表取締役社長]
【第9回】 2012年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5

 その結果、個人と会社が一体化した従来の日本式経営がすっかり影を潜めてしまいました。若者に「運命共同体」といった意識はなく、1年ごとに会社を変える人も増えています。この状況を、都合の良い言葉で、「雇用の流動性が上がった」と言っています。

 社員はいつ解雇されるか分からない不安の中、社内で一生懸命に技術を磨くよりも、より自分に合った職業を求めて、転職を繰り返すようになっていきました。そのことによって、技術や知識、ノウハウは引き継がれることも蓄積されることもなくなっていったのです。

 では、日本が日本人としての良さを生かした企業経営を行うためには、今後どうしたらよいか。次回は、その答えに対する私なりの意見を述べさせていただきたいと思います。

previous page
5
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

廉 宗淳
[イーコーポレーションドットジェーピー株式会社代表取締役社長]

1962年生まれ。大韓民国空軍除隊後、国立警察病院、ソウル市役所に 勤務。日本でのプログラマー経験を経て、韓国で株式会社ノーエル情報テック設立。2000年、日本でイーコーポレーションドットジェーピー設立。青森市の 情報政策調整監、佐賀県情報企画監、総務省の電子政府推進委員や政府情報システム改革検討会構成員を務めている。

廉宗淳 韓国はなぜ電子政府世界一なのか

お隣の韓国は、国連の電子政府ランキングでここ数年、1位が指定席。かたや、日本は順位を下げ続け2012年は18位。韓国の電子政府は何がすごいのか、日本が学ぶべきポイントはどこか。90年代前半に日本でITを学び、現在は、行政、医療、教育などの分野でITコンサルティング事業を展開する廉宗淳氏が、日本の公共サービス情報化の課題を指摘する。

「廉宗淳 韓国はなぜ電子政府世界一なのか」

⇒バックナンバー一覧