◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

投資 探す
Photo: Adobe Stock

日常風景に転がる
投資チャンスの見つけ方

株式投資を身につけることで、手に入るものが3つあります。

1つは、「広い視野で物事を捉え考える力」です。

就職活動をしている学生は、どうしても就職企業人気ランキングやテレビCMなどで見聞きしたことのある大企業に目が向きがちです。

しかし、かつての私がそうであったように、投資を身につけることで「就職活動=自分の人生を賭けた投資」であることに気づきます。

そして、結果的に希望する進路へ進むことができる可能性も、投資を知らない学生と比べて増すのです。

また、社会人も投資を身につけることで、自分の会社を客観的に俯瞰できるようになります。

この目線は、まさに経営者に求められる目線の高さと同じです。

自分の会社を客観的にみることができれば、商品やサービスの問題点、どの仕事が重要でどの仕事が不要か、といったことが見えるようになってきます。

そして、普通の会社員にはできないような提案や思い切った行動をすることができるようになります。

その判断基準が経営者と同じなので、結果的に会社からも多大な評価を得ます。

実際、私の周りでも投資をはじめてから数ヵ月で、「昇進した」「上司からの扱いが変わった」という人が多く、なかには「給料が増えた」という人もいます。

投資を身につけたことによって、仕事に対する視野が広がり、物事の本質を見

分けることができるようになったからです。

続いて2つ目は、「落ちているお金に気づく力」です。

株式投資をしたことがない人は少しイメージしにくいかもしれませんが、日常生活の中には数多くのチャンスが落ちています。

たとえば、電車に乗ったときには「車内にどのような広告が出ているか」「乗客は何をして時間を潰しているか」、街中を歩いているときには「どんな新しい飲食店ができたか」「行列ができているのはどのような店舗か」といった日常風景からチャンスを見つけて、お金に変えていくことができるのです。

株式投資を知る前には気にもとめていなかった日常風景や流してしまっていた情報が、金の卵を産むニワトリのように見えることがあります。

投資をしない人は変化を好まない傾向がありますが、投資をする人にとって変化はまさにチャンス。

株式投資を身につければ、毎日の見える景色が変わることを実感するでしょう。