いよいよ2021年も仕事始め。コロナ禍の中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。12/18に日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Google 翻訳は、<br />一体いくつの言語を<br />「瞬間翻訳」できるのか?Photo: Adobe Stock

質問
 長年、英語学習しているのに、未だに身につかないのはなぜ?

 英語の会議に参加しなければいけない場面が出てきました。英語は嫌いではないのですが、苦手意識があり、積極的に参加できていません。伝えたいことを英語で伝えられていないと感じますし、人を納得させるように英語を話せません。

 何かいい方法ありませんか?

回答
 Google翻訳を使って、ラクしちゃいましょう。

 時代の変化が早く、周りの情報を素早く収集し、意思決定していく必要のある現代において、英語が使えることは大きなアドバンテージになります。

 人間の叡智が詰まった学術論文も主たるものは、英語です。つまり英語ができるということは、インターネット上にある最新の知識にアクセスでき、利用できるということになります。

 今までは、その英語と学ぶには大量の時間と労力を必要としました。なぜなら日本語と文法や発音、そして文化(前提条件)が根本的に異なるからです。

 しかし、現代は、その労力を大幅に省略できます。

 Google 翻訳があるからです。なんと、108の言語に対応しています。

 英語に苦手意識があると無意識に英語で提供されている情報を無意識のうちに避けてしまいがちです。まずは、英語で提供されいている情報がどれだけ多いか、またあなたにとって役に立つ情報が存在しているか、意識してみてください。

 英語のウェブサイトにアクセスし、自分自身のビジネスに生かせる情報やデータがないか、探すことがまず重要です。日本語のウェブサイトでは接することのできない情報にアクセスしたい、という知的好奇心を育てましょう。

 Google 翻訳には、 Chrome 拡張機能とウェブサービスの Google 翻訳サイトがあります。

 私には、長い文章ほど Google 翻訳サイトのほうが訳がこなれていて、読みやすく感じます。

 基本的にクラウドのサービスを利用する際、コピペした情報はクラウドに保存されますので、個人宛のメールや機密性の高い情報は、クラウドの翻訳を使う際には注意が必要です。

 会議で英語を使えるようになるためには、「自分の言いたいこと」を Google 翻訳であらかじめ英文にしておくことです。そして、 Google 翻訳の音読再生機能を使って、話す練習をしておくといいでしょう。

 日本語から英語に翻訳した後、もう一度、その英語を日本語にしてみると、文意が正しく翻訳できたか確認できます。

 もしうまく伝えられてないと感じたら、別のキーワードに入れ替えて翻訳を試してみましょう。

 フレーズや語彙の量を増やすためにも、 Google 検索で英語のウェブサイトでその単語がどう使われているか確認することもおすすめです。

 英語のウェブサイトを確認することで、より多面的に情報を得ることができます。角度を変えた情報を仕入れることができれば、私たちが目にする世界はより立体的になっていきます。

 Google 翻訳を効果的に使って、いくつになっても成長していきましょう。

 Google のアプリを効果的に活用する「リモート強者」への近道は、Google の考え方や活用方法を知っておくこと。拙著『Google 式10Xリモート仕事術』をぜひ活用ください。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。