コロナのお正月、回転寿司で「寒ブリ」が例年以上におススメな理由
お正月の回転寿司でオススメのネタとは? Photo:PIXTA

お正月は、おすしが食卓に上る機会が増え、持ち帰りができる回転ずしを利用する方も多いことでしょう。今年は、昨年からのコロナの影響で、水産品の流通状況が例年と違うこともあり、いつもよりお買い得なネタもチラホラ見受けられるとか。今回、漁師の息子で元築地卸、東京海洋大学非常勤講師でもある、おさかなコーディネータのながさき一生さんが2021年のお正月にオススメのすしネタについて、レポートします。

昨年から続く
「回転寿司」に良いネタが集まる状況

 飲食店のみで使われるような高級な魚介や、出荷時期が決まっていて長く保管できない養殖魚、輸出向けの魚介などは、コロナの影響を受けて単価が下がる状況が続いています。一方で、このような状況の中、いつもより質の良い魚介を仕入れられる傾向にあるのが、回転ずしチェーンです。

 規模の大きい回転ずしチェーンは、安い時に一気に仕入れて、売り時に一気に売ることができます。そして、年末年始はまさにその売り時。テークアウト需要も取り込みつつ、業績も回復傾向にある回転ずし各社が、業績をさらに上げるため、あらかじめ仕入れておいたとっておきのネタを放出してくるのが、年末年始なのです。

 では、ここからは、今回転ずしで何を食べるのがお得なのか。具体的にオススメなすしネタを解説していきます。
※各社の商品情報は2020年12月24日のもの。価格はすべて税抜きの通常価格で、エリアや時期によって変動する場合があります。実際に足を運ぶ際には、その時点の情報を各自でご確認ください。