観光,都道府県
多くの人が観光で行きたいと思っている都道府県は? Photo:PIXTA

 コロナ禍で外出自粛を余儀なくされた2020年。旅行の予定をいくつも諦めざるを得なかった人も多いことだろう。そうした中でも、もし旅行に出かけることができるなら、行きたいと思われている都道府県はどこなのか。

 今回は、ブランド総合研究所が行った「都道府県『観光意欲度ランキング』2020」を見ていこう。

 このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2020」によるもので、今年で実施は15回目。「都道府県『観光意欲度』ランキング」は、「今後、各自治体に観光や旅行に行きたいと思いますか?」という問いに対して、「ぜひ行ってみたい」を100点、「機会があれば行ってみたい」を50点、「どちらもいえない」「あまり行きたいとは思わない」を0点として、加重平均した数値を算出した。全国の消費者3万1734人から有効回答を得た。調査期間は、2020年6月24日~7月20日。

トップは12年連続の北海道に
都道府県「観光意欲度」ランキング発表!

 2020年版の都道府県「観光意欲度」ランキングの1位には、北海道(62.4点)が選ばれた。2009年から12年連続で1位となっている。

 2位は京都府(56.8点)、3位は沖縄県(53.3点)になった。昨年からトップ3に変動はなかったが、前年4位の東京都は47.4点から43.0点へと4.4ポイント低下し、7位になった。