住みたい都道府県ランキング2020,神奈川県
多くの人が「住みたい」と思っている都道府県はどこ? Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスの影響で、住む場所に対する考え方が変わりつつある。これまで大都市圏であれば、都市部に近い駅からも徒歩圏内の便利な場所に住みたいという人が多かった。しかし、リモートワークが急速に浸透したことにより、郊外のみならず、地方への移住さえも視野に入れる人が出てきている。

 住む場所への考え方が変わりつつある今、住みたい都道府県として人気が高いのはどこだろうか。ブランド総合研究所が行った「住みたい都道府県ランキング2020」の結果を見ていこう。

 このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2020」によるもので、今年で実施は15回目。

「住みたい(居住意欲度が高い)都道府県ランキング」は、「各都道府県に住んでみたいと思いますか?」という問いに対して、「ぜひ住みたい」を100点、「できれば住みたい」を50点、「住んでもよい」を25点、「どちらとも言えない」を0点、「あまり住みたくない」を0点として、加重平均した数値から算出した。全国の消費者3万1734人から有効回答を得た。調査期間は、2020年6月24日~7月20日。

住みたい都道府県ランキング
1位は神奈川県、2位は点数急落の東京都

「住みたい都道府県ランキング2020」の1位は、前年2位の神奈川県となった。2018年以来、2年ぶりの1位だ。「ぜひ住みたい」(8.0%)、「できれば住みたい」(11.0%)、「住んでもよい」(31.1%)と、合計で50.1%の人が居住意欲を示した。

 2位は昨年1位の東京都だった。居住意欲度の点数は前年の26.3点から20.5点となり、47都道府県で最も点数が低下している。「ぜひ住みたい」と回答した人の割合は前年の14.1%から9.6%へと減少したことが大きく影響した。