「効率10割、無駄は0割」と考える合理主義者の深刻な盲点藤原麻里菜氏

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では25000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

合理性だけでは絶対に
たどり着けない発想がある

 本書では、生活の中で感じるちょっとしたストレスからアイディアを考える方法をさまざまに紹介しています。

 一方、「逆にそのストレスを増やす」と考えてみると、どのようなアイディアになるでしょうか。

 たとえば、ポケットの中につっこんだイヤフォンを取り出したとき、コードがからまっていてストレスを感じるシチュエーションがあります。これを解決したものが、コードをきれいに巻けるアクセサリーだ。また、Bluetoothイヤフォンは、イヤフォンからコード自体をなくしてしまいました。完全な問題解決です。

 では、反対にストレスを最大化しようと考えると、どうなるでしょうか。

「もっとからませる」というのがその答えになりそうです。

 そこでわたしは「イヤフォンをからませるマシーン」をつくりました。マシーンの中にイヤフォンを入れてスイッチを押すと、数秒間マシーンが動き、止まったころには中のイヤフォンがぐちゃぐちゃにからみあっているというものです(下記参照。音が出ます)

 日常で感じるストレスを解決するのではなく、増加させる視点で考えることで、新しいものが生まれました。いや、生まれたところで何の役にも立たないのですが。

 しかし、この「ストレスを増やす」という方法がストレートな問題解決になることもあります。たとえば目覚まし時計はうるさい音のストレスを与えることで人を起こすものです。また、遊びやゲーム、エンタメとして「罰ゲーム」をしたい人にも「ストレスを増やすアイディア」は役に立ちます。

 解決と正反対のことを考えるのは、アイディアに別の意味や価値を生みます。まったく違う文脈が現れて、ユニークなものが生まれたり、目の前の問題は解決できなくても、他の問題の解決のきっかけになるものが生まれることもあるのです。

 生活の中で思いつくストレスを最大化させるアイディアを考えてみましょう。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)