チョコレートも選び方次第で太らない

 チョコレートが大好きな人にグッドニュースです。

 板チョコなら1日10カケ(約3分の1枚)、個別包装のチョコなら1日7個程度なら、食べても太りません。

 チョコレートは低糖質で満足感が長持ちする特徴があるため、上手に食べればダイエットにピッタリの食品。

 また、幸福感とリラックスをもたらす効果があるので、ストレスや疲れを感じているときにもおすすめです。

 チョコレートは、ミルクやビターなどの種類がありますが、イチオシは「アーモンドチョコ」。とくに、アーモンド1粒がそのまま入ったタイプがいいですね。

 アーモンドには、ビタミンB2や食物繊維など「やせる栄養素・成分」がたっぷり含まれているからです。

 もう1つおすすめは、カカオ成分が72%までのもの。これ以上カカオの分量が多くなると、脂肪分のとりすぎとなり、食べると太ってしまうのです。

 注意したいのが「ホワイトチョコ」。じつは、通常のチョコレートから苦みのある褐色部分を抜いたものなのです。その分、甘さとまろやかさが増すとともに、脂肪分が多くなるので、頻繁に食べると太ります。

 選ぶなら、ブラウンのチョコレートにしましょう。